BERNARD ZINS / ベルナール ザンス

<ブランドについて>
1967年の創設以来、Bernard Zinsは、フランスのパンツを体現してきました。イノベーション、素材の選択、精密な裁断、クオリティの高い縫製:これらのバリューを元にノウハウを確立。”パンツのエンジニア” として名を馳せたブランド創設者Bernard Zins氏のビジョンに則った、伝統とモダンの完璧な融合が実現されています。

<パンツの解剖学>
パンツメーカーのパイオニアであるBernard Zins氏は、テーラーの職人技と工業生産のメリットをどのように保管両立させるべきか、いち早く理解した人物です。彼が次から次へと生み出した革新的な技術によって、Bernard Zinsは、完璧なパンツを作るための独自の生産手法を確立しました。現在も、Bernard Zinsブランドはこのビジョンを継承し、創設者が打ち立てた「10のパンツ黄金律」を誇りと共に守り続けています。

アンジェの国立高等工芸学校、そしてパリの高等服飾産業学校を卒業したBernard Zins氏は、服飾産業の生産効率を上げる研究ミッションに参加し、1950年、マーシャルプランの恩恵を受けて生まれて初めて渡米。この旅は、Zins氏の繊維産業に関する将来のビジョンに大きな影響を与え、彼に工業化における近代性とクオリティの高さの大切さを認識させる契機となりました。

1959年、Bernard Zinsは、”ニューベルト”と呼ばれる延長および調節が可能なウェストバンドがついた、工場生産による新しいパンツのコンセプトを開発し、特許を取得。1967年、高級メンズパンツに特化したBernard Zinsの工場をランスに設立。1970年には、パリ・マレ地区のビラグ通りにショールームを開設しました。

1972年には、当時最先端の技術であったCADシステムを業界でいち早く工場に導入し、メンズパンツのノウハウをレディス向けパンツにも活かせるようになりました。Bernard Zinsは、ライニング、前あき部分、縫い合わせ、ポケット、プリーツ、ベルト通し、見えない縫い目など、クオリティに関するあらゆる点で革新的な発明を続け、パンツメーカーの第一人者として知られるようになります。そして、ピエール・カルダン、バルマン、イヴ・サンローラン、ヨウジヤマモトといった当時の有名ブランドから、ディフュージョンラインの生産を任されるようになりました。

1999年、パリのプランタンで開催された”パンツの30年”展において、Bernard Zinsの卓越した技術が紹介され、その機会にBernard Zinsの最も象徴的なモデルが復刻されました。その一方で、シャネル、ルイヴィトン、エルメス、ランバン、オールドイングランド、アルニスといった、最高級のラグジュアリーブランドのモデルも生産していました。

Bernard Zinsのメゾンは、2006年から特に日本向けにスタートした伝統とモダンを兼ね備えた新しいラインを中心に、創始者の哲学を守りつつ、新たな発見を続けています。